「液–液相分離の新たな展開へ向けて」へ参加しました

 

12,13日の2日間に渡り開催された「液–液相分離の新たな展開へ向けて」へ2日目だけですが,参加することができました.僕はセミナーなどに参加した経験がかなり少ないので比較対象がよくできませんが,それでもこれ程のボリュームのあるものはそうそう無いのではないかと思う程,1日12人の方が発表を行うというボリューミーなセミナーでした.

 

もっとも興味深かったのが築地真也先生のデザインされたプロテインで細胞内を解析・制御する技術についてでした.(相分離自体の理解がまだできていないので,理解できる範囲が技術面に多かったです) プロテインをデザインし,それを用いて狙った因子を活性化させる,細胞内に人工の場(人工オルガネラ)を作るなど,こんなことができるのかと驚くことばかりでした.細胞内や分子という小さな世界での事柄でありながら,その世界の大きさは実際にはとても大きく,広く,また深いものであるように思いました.

生化学の書籍を読んでいると,細胞内の構造についてまだ解明されていないことがかなり多いことに気付きます.それらを解き明かす鍵に相分離がなるかもしれないと考えると,相分離のこれからに追いついていければと思います.

そして,特に技術面について,あるものを見るということの重要性と難しさを振り返っている中で思いました.見ることができるかというのは観測できるかということでもあるしまた認められるかということでもあり,それらが可能か否かによって発展や認識の様子もかなり変わってくるのだろうなと感じます.見るということは他の分野,例えば哲学などでも重要なもであるような気がしており,とても興味深いところです.

また,講演を聴きながら数学について少しでも勉強していてよかったなと思う節が度々ありました.数学自体,学問として非常に魅力であふれていますが,このように他の学問分野で用いられているところを見ると,もっと学んでより深い理解を得たいなという気持ちになります.

 

相分離を知ったのは確か8月だったように記憶しており,白木先生の『相分離生物学』もその月の後半に入手しましたが,生化学の分野に触れ始めたのも同じタイミングだったため読みきれておらず,また知識不足のため読んである範囲の理解も十分ではない状態です.それでも今回のセミナーの内容は本当に来てよかったと思うもので,また次回のセミナーにも日程が合えばぜひ参加できればと思っています.

宇宙と宇宙をつなぐ数学

帰り際に書店へ寄る時間ができたので,久々に丸善へ行って,ジョルジョ・アガンベン『例外状態』,加藤文元さんの『宇宙と宇宙をつなぐ数学』を買った.どちらもずっと読みたかった本なのでとてもうれしい.

『宇宙と宇宙をつなぐ数学』から始めて,まだ少ししか読めていないのだが,この本で取り扱っているIUT理論というのがとてつもなく好奇心をそそられるものだった.

理論提唱者はABC理論の解決の論文(http://u0u0.net/6uOW 内)で話題になった京都大学望月新一教授で,望月教授によると,IUT理論というのは,「「自然数」(中略)の足し算と掛け算からなる,「環」と呼ばれる複雑な構造をした数学的対象に対して,その足し算と掛け算の複雑な絡まり合い方の主立った定性的な性質を,一種の数学的な顕微鏡のように,「脳の肉眼」でも直感的に捉えやすくなるように組み立て直す(=再構成する=「復元」する)」数学的な装置のようなもの」だそうだ.揺るぎない性質だと考えられていた足し算と掛け算の関係性に変化があるのかもしれないという時点で,ものすごくわくわくするのだが,実際,IUT理論の核になる部分というのは,足し算と掛け算の間にある「尋常ならざる剛性(どこかですごく有名な表現らしいのだか不勉強のため分からない)」を解体し,変形することにあるらしい.さらに,様々な「緩み」=「不定性」が伴った状態で足し算と掛け算の関係性が再構成されるという.

この「「緩み」,「不定性」というのは必然的,不可避でありまた内在的でもある」というのがぼくはすごく面白いなと感じた.なぜなら以前,少しだけ触れていた圏論や興味が出ていた数論幾何学あたりにとても似ていたからだ.実際のところ圏論は議論が抽象的すぎて,地に足のつかない分野みたいなことを言われたりしているとか書いてあったような気がする.IUT理論も圏論ほどではないにしろ,その理論の難解さもあって数学者たちから「単なる抽象概念の複雑な絡まり」と受け取られていたりするそうだ.そのような印象を和らげる試みも『宇宙と宇宙をつなぐ数学』の中で行われている.

幸いに?ぼくは抽象的な議論が大好物と言っていいのか分からないが,すごく好きで理解したり考えることが楽しいと思うので,強い反発を覚えることはなさそうであるし,おそらくこの本を読み進めるうちにIUT理論についての理解もそうだけれど,他分野についてもう少し考え進められるところが増えるような気がする.

そしてこれがIUT理論を知りたい一番の目的であったりするのだが,学問を一つのいきものとしてみる文化進化論の既存の欠点を解消できるかもしれないとか考えていたりする.緩み,不定性を内在的に持っているという点がそこでもきっとすごく重要になっている.

最近は意識的に時間を取らないとじっくり本を読むことをしなかったりしてしまうのだが,それでもいつも通りおそらく盛大な寄り道をしながら読み進めたいと思う.

 

♯水平線の月付近

アガンベン(所感)

僕は貧困の格差は無くならないと思っている.貧困に限らず格差というのは大なり小なりほぼ必然的に生まれてしまうようなものだと思っている.けれども格差で悲しんだり苦しんだりする人がいまよりずっとこれから少なくなってほしいと願ってやまないし,僕もできることをやっていきたいしそのためにずっと学び続けている.

アガンベンについて読み進めるうちにこれは僕がずっと求めていたものだと何度も思った.ちょっと涙が出そうなくらいだった.

その無くならない格差をどうしたら悲しんだり苦しんだしする人が少なくなるのだろうかと考えた時,無くならないのなら格差を用いればいいのだと思った.けれど格差を用いてどうすればいいのかがわからなかった.僕は政治や経済の話がとても苦手なのでそういったところからどうアプローチをとか考えるのに色々と読み漁ってみたのだが全然頭に入ってこなくて散々だった.けれどアガンベンからだったらいけるかもしれない.格差というと上の地位にいる人には身近な感じに思えないのだが,「剥き出しの生」ならば少しひんやりとする危機感を持つことができるかもしれない.格差の中でとても悲しいと僕がいつも思っていたのは上の方にいる人と下の方にいる人の感覚や価値観の乖離だった.育ってきた環境でこんなにも人は変化するのかと何度も驚いたのだけれど,大抵の場合,どちらの言い分もその立場に立てば正しく,また逆の立場であれば受け入れるのがむづかしいことであっりした.そういうのを見るたびに,何だかとても悲しい気持ちになった.どちらかがはっきりと間違っていると言えれば,むづかしくない話に持って行けたのだろう.

まだまだ不勉強で,言いたいこともまとまらないし,具体的にどうすればいいのかとかそんなこともわからないのだけれど,アガンベンの思想がずっと考えていたことの大きな指標やヒントになることは間違いないだろうと思う.

 

久しぶりに文字にすると思考の荒ぶり様がわかるので,もう少し書き出すことを増やしていきたいと思う.

 

♯照る月,窓に差す

先日(といってもかなり前になってしまったが),小学校の修学旅行ぶりに奈良へ行った.奈良に特に用事があった訳でもなく,気分転換のようなもので行ってみた.

 

f:id:kotabisyoyo:20190418211429j:plain

 

f:id:kotabisyoyo:20190418211511j:plain

 

f:id:kotabisyoyo:20190418211559j:plain

 

毛の印象が日陰と日向ではかなり違っていたのが面白かった.

 

f:id:kotabisyoyo:20190418211636j:plain

 

確か焼き芋を売っていたような気がする.と鹿のおしり.

 

f:id:kotabisyoyo:20190418211548j:plain

f:id:kotabisyoyo:20190418211633j:plain

ハクモクレンが散りかけだったのだがとても綺麗に咲いていた.桜と合わせて光をやわらかくしていてとても良かった.

 

f:id:kotabisyoyo:20190418212306j:plain

f:id:kotabisyoyo:20190418211726j:plain

日陰の水辺が過ごしやすそうで僕もこういうところでのんびりしたいなあと思いながらそこでのんびりしている鹿を撮っていた.

 

♯鹿と人と雀

 

死について思うこと

何だかふと文字を書きたくなり,文章を立てたくなり,おそらくじっくり内省する時間を取りたくなった.

以前,アガンベンの「剥き出しの生」について少し知ったのだが,色々と読んでいるとやはり僕はいま生きていることを死なしでは考えられないとつくづくと感じた.生きながら死について思考をするのは,往々にして否定的に捉えられる.死について考えなければ,生きることも楽しくなるだろうに,みたいに言われたこともあって,確かに死について考える時は苦しいこともあるのだが,それでも僕は興味がある.それもかなり湧き出てしまうほどの興味がある.それならばどこまでも思考を巡らせよう.往々にして興味というのは尽きないし止められないものなのだから.

多くの遥けさの物静かな友よ,どんなにおまえの呼吸が空間を拡げるか感知するがよい.暗い鐘楼の組み合う梁の中でおまえの音を鳴り響かせよ.おまえを消耗させるものは,おまえを糧として強いものとなる.

ヒントはおそらくどこにでも落ちている.僕がきちんと鼻を使って匂いを嗅ぎ,あらゆるものの目を使ってものを見ることができたなら.

最近,勉強から離れていることが多かったので学びたい欲求が上限に来てしまったのかもしれない.少しでも時間があれば,存分に勤しみたいと思う.5分を1時間にすることなんて案外簡単なのかもしれない.

 

ふと見た本の中に,神社や寺院の参道が長いのは,目的に向かうまでに思考を巡らせることによって心を落ちるける,俗から聖に自分を移してゆくためなのだと書いてあってなるほど,と思った.宗教,特にキリスト教と仏教は前から興味があったのだが,少し詳しく学んでみたいと思った.

 

追記:メニューバーで猫を飼い始めました.

 

f:id:kotabisyoyo:20190322115333p:plain

 

#鷲舞

 

手で書くことについて

最近,常備している手帖に文章を書くことがめっきり減っていた.すると面白いことに,周りに散らばった面倒事についてばかり四六時中考えるようになって,また好奇心がふと沸き起こった時にそれを保持することができなくなった.学び始めようと思って,知識を取り込んだその知識まで全く血肉になる気配が微塵もなく消えていってしまう.ぼくにとって手で紙に字を書くという行為は,想像以上に大切なことであることに書かなくなってから気付いた.ぼくは今まで,書く行為を忘れるために行なっていたのだが,ものを書かなくなってから忘れるということができなくなってしまって,その結果,散らばった面倒事にしか思考できなくなってしまったのだと思う.そういった面倒事は紙の上に並べて置いて,必要になったら見返し思い出して適時いるものを摘まみ取っていくというのが今までやっていたことだった.頭の中の整理ができずに忘れることもできずで,仕事中もずっと考え事,というより悩み事をすることになっていたのかもしれない.

そしてまた好奇心や知識がすぐに消え去ってしまっていたのも,紙に書き出しておかなかったからだと身に染みて思った.ぼくは忘れるための他に,自分の身の血肉にするために文字や言葉,文章を書いてその内包するものを取り込んでいた.文字や文章を書くことによって情報を取り入れるのだが,血肉にするにはよく噛み砕いて頭の中で随分と転がす必要がある.熟成させるとかよく云われるのだが,そういうことが書くことをしなかったために全く行われなかった.そうするとこれは血肉になるはずもなく脳の皮のあたりにさらっと触れるばかりで消えてしまう.最近ずっと精神的に参っていることが多かったのだがおそらくほとんとの原因はものを書かなかったからだろうなと,今日色々と考えていた時にふと思った.今日明日中に今まで溜まり溜まった分を全てノートに吐き出してしまおう.どれほどすっきりすることだろうか.そしてどれほど好奇心が湧き上がってまたより学ぶことにのめり込めるのかがとても愉しみだ.ついでに今までの分を見返しておこう.どの時期に何に触れたのかがわかるのは想像以上に大事なことのような気がする.